手の痛み|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。手の痛み 指の痛み スポーツ障害

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

手を使わない生活は大変です

人間は手を使うことで進化してきた生き物だそうで、いきなり手を使わない生活をしろと言われても困りますよね。スポーツ障害でもよく怪我をする場所です。

よく使う部分だけあって、ぶつけたり、捻ったりする方も多いのではないでしょうか?野球やバスケ、バレーボールをやっていた人で手のケガを経験したことのない人はいないのではないか、というくらい。肩の障害から手や肘に症状が出るケースもあります。
子育て世代の方には手首周辺の腱鞘炎や、手根管症候群などもよく見られる病気です。
原因がはっきりわかるものや、原因不明のものもありますが、長引くと症状が取れにくくなりますので早めの受診をお勧めしています。

○よく見られる手の痛み
TFCC損傷・・・三角線維軟骨複合体と言われる組織の損傷です。手首の小指側(尺側)に痛みが出てなかなか取れないときはこの損傷を考えます。
手首の尺側にあるいくつかの組織の集まった組織が手をついたり、捻ったりすることで傷ついて痛みを出したりする病態です。
特徴としては激痛でなくてもなかなか引かない痛みや腫れがある、撓屈、尺屈の繰り返しで痛みが出る、ドアノブを回す動きで痛みが出る等ですが、手関節の捻挫とも区別がつかない場合も多くレントゲンではわからないこともあります。痛みが引いたからと言って固定を早く外したりするとなかなか治りが悪くなってしまいます。小指側の手首を押したときに痛みが出るので、特定の動きでそこに痛みが出るか確認したり、初めの触診でこの辺りの痛みがあればTFCC損傷を疑います。一般的には固定で痛みや腫れが落ち着きますが、いつまでも痛みが続く場合はMRI撮影等を行い損傷の有無を確認します。
大体は固定や注射を行うことで症状は改善しますがなかなか治らない場合は手術の対象になるケースもあります。また手首や前腕の骨折を過去にしていて、小指側の骨が長くなっている場合もTFCC損傷になる可能性が高くなります。当院では超音波治療器や包帯、シーネなどで固定をしますが、手術を希望されない場合は自分で取り外しできるサポーターをお出ししています。一般的に治癒に時間がかかるところなのですが、この辺りは個人差が大きいので一度症状を拝見させて頂ければと思います。
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る