スポーツ障害|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。文京区でのスポーツ障害も東大前接骨院にご相談ください。

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

スポーツでの痛み

スポーツでの肉離れ、捻挫、打撲の痛みは処置が遅れると治りも遅れる傾向がございます。骨折や脱臼も応急処置の有無でその後の治りが変わります。素早い固定、圧迫、包帯、テーピングや松葉杖を使うことで悪化を防ぎましょう。セルフケアとして冷やすか温めるかもわからない、そんなときは我慢せずに速やかにご相談ください。

野球やテニスの肩、肘の痛みや、サッカー、バスケなどで出る膝の痛み、腰の痛みなどもご相談ください(すべての症状に保険が適用できるわけではありません)。

スポーツでよくある痛み
○グロインペイン症候群・・・サッカーをやる方に多く見られる股関節周辺の痛みです。鼠径部痛症候群とも言われます。症状としては鼠径部の痛みなのですが、ボールを蹴ったときやダッシュしたときに痛みがでます。悪化していくと軽いパス交換や歩くだけでも痛みが出るという何とも厄介な病気です。症候群ということでいくつかの症状の集まりです。原因は使い過ぎや違う使い方(膝や足首の古い怪我で誤ったフォーム、癖のあるフォーム)などで、通常は休むと治るのですが、これに掛る人は高いレベルで練習をしている人が多く中々休めない方がどんどん症状を悪化させてしまうようです。
プロのサッカー選手でもかかっている人が多いと言われていますが、きちんと休養を取らないと再発をすることから治療が難しいと言われている病態の一つです。股関節の屈曲で痛みが出るのでそれに関係して骨盤周辺の柔軟性、筋力のバランスを整えることが大切です。

○野球肘・・・少年期のスポーツの痛みとしてよく知られているものです。靭帯から来る痛みや軟骨の痛みがあり、短期間の安静で感知するものもあれば、半年以上の期間がかかるものがあります。離断性骨軟骨炎という病気では上腕骨の小頭という部分に壊死が起こり、放っておくと壊死した部分が外れ遊離してしまうというものです。投球時や投球後の痛みがあり、前腕全体に痛みが出る場合もあります。早期に発見されて安静を保てれば壊死した部分が修復することもあります。遊離体として分離してしまうと手術になることもあります。予防が何よりも大切です。
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る