ポインター療法(骨格矯正)|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。文京区では東大前接骨院だけ。腰痛や肩こり、首の痛みにポインター療法をお試しください。

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

腰痛や肩こり、頭痛を早く治したい。そんなあなたへ

ポインターという器具を用いた骨格矯正を行っております。
自費治療35年以上の臨床経験を持つ開発者が実践の中から生み出したポインター療法。
コンタクトが難しいといわれた頸椎の1番(アトラス)や、動かすことが困難な仙骨のズレにもアプローチすることができます。
短時間で行う、痛みのない施術でお子様から高齢者の方まで受けて頂くことができます。人間は日常生活の癖や仕事で繰り返す動き、スポーツなどで背骨にずれが生じます。

ポインターによる骨格矯正

脊柱の小さなずれは、頭痛、肩こりをはじめ色々な症状を引き起こします。当院ではポインターにより脊柱のずれを整えることで痛みの軽減、動きの改善を目指していきます。
方法はとってもシンプル。
まずは触診で関節の硬くなっている部分を見つけます(と、簡単に書いてありますが、この固さを見つける為には熟練の経験が必要になります)。
固い部分を見つけたら、動きにくい方向へポインターで押すだけです。時間は1、2分で十分なことがほとんど。
押す強さも痛みを感じない程度の強さなので安心して施術を受けて頂けます。都内で行う治療院は少なく、文京区では当院限定の矯正方法になります。
また深層にある筋肉へのアプローチも可能なため、しつこい筋肉のコリや張りにも有効です。慢性の痛みでは筋肉にトリガーポイントと呼ばれる、痛みの根の様なものが生じていることが多く、ポインターでトリガーポイントを適切な強さで押すことにより症状を消失、軽減することが出来ます。

頭痛

肩

各種症状、痛みに効果的

自費治療って?
●自費治療のメリット、デメリット
自費治療はその名のとおり、保険を使わず全額負担をしていただく治療です。
メリットとしては、
1.予防に対しても使える。明らかに放っておいたら重大なケガにつながるような状態でも、ケガをしてからでないと保険を使った治療ができません。痛い思い、辛い思いをしてからでないといけないのです。これをやっておけば転ばずに済んだのに・・。というような患者さんにもできるのはアドバイスくらいです。一度自費治療を受けていただくと効果ははっきりわかると思います。
2.治療部位の制限がない。保険では基本的に痛みの出た場所しか治療ができませんが自費では場所の制限は受けませんのでより自由な治療ができます。
3.希望があれば施術の延長もできます。関節の硬さをとる治療など、どうしても時間がかかることがあります。もう少しトレーニングや動かす治療を長く受けたい場合などは、自費にて延長をしております。
4.保険組合からの照会がない。保険を使った治療は接骨院で受けた場合、忘れたころに保険組合から問い合わせ、アンケートが来ることがあります。3か月から半年くらい経ってから来るので、ケガをしたきっかけ等、患者さんも忘れていることがあり、これが面倒で治療を受けないという方もいらっしゃるくらいです。当院では初診時にどういったきっかけで症状が出たのかということを書類でお渡ししてますので、それを持っていれば問題ないのですが、なくす方もいるでしょう。自費でしたらそのような面倒な手続きはありません。
デメリットとしては、やはり費用が掛かるということでしょうか。貴重な家計から出す治療費ですから、一回600-700円を週4、5回1か月通って払い続けるよりも、一回自費治療を受けるほうが長い目で見てお得に感じると思います。治療院に通う回数は少ないに越したことはないでしょう。ケースによっては1-数回の自費治療で症状が消失する方もいらっしゃいます。
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る