首や頸の痛み、外傷性頸部症候群や頭痛もご相談ください。

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

中枢神経が通る大切な場所です。

頭と背中の間の部分になりますが「首」ではなく「頸」と医学的には書きます。
脳からの命令を体に伝える重要な神経が通る場所です。

人間の頭はとても重いため、普段から多大なストレスがかかっており、調子が悪いと日常生活やお仕事にも支障が出ますね。
接骨院で見かけるのは寝違えや、交通事故などでむちうち症状が出てお困りの方でしょう。
頸のヘルニアで肩に力が入らない、手や指の力が入らない等色々な症状が出ます。
頸は頭を支える安定性と、頭を動かす可動性、また大切な神経組織を保護する役割があります。
人間の腕を肩甲骨を介して吊り下げおり、首の機能の異常や障害は日常生活に大きくかかわります。
首の骨は7つあり、上位頸椎と言われる上から1,2番目の骨は他の頸椎と構造的にも特異な形状をしています。3番から7番目の骨は似たような形をしています。
骨と骨の間から腕に伸びる神経が出ており、頸椎が年齢とともに変形を起こしたり、首の骨に負担がかかる仕事を続けたりすると、腕に伸びる神経に障害が出て、痛みやしびれを訴えるケースもあります。腕の力が入らない、字が書きにくくなる、服のボタンがかけられない、といった症状も首からくる場合があります。

首から頭痛や目の疲れもでます。

後縦靭帯骨化症(OPLL)
むちうち損傷(外傷性頸部症候群)って何?
ストレートネックも
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る