骨折や脱臼の治療|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

骨折、脱臼の治療も接骨院で

接骨院では骨折、脱臼の治療も行っております。
まず骨折とは骨組織の連続性が断たれた状態と定義されていまして、いわゆるヒビが入った状態も骨折の一つとなります。ポッキリと折れた状態もあれば、粉々に砕けた状態の折れ方、若木が曲げられたような折れ方など様々な分類があります。
骨折した部分と外界が交通している場合、要するに骨が皮膚から飛び出ている場合は接骨院では対応できませんのですぐに医療機関に掛ってください。感染予防の処置を受ける必要があります。
皮下の骨折であれば、転位(骨片のずれ)が大きい場合は整復と言って骨のずれを取る操作をします。整復をしなくても副木などのあて物を当てて固定するだけでも症状の悪化は防げます。骨折を疑う症状は色々とありますが疑わしい場合は固定をして整形外科に掛って頂きます。接骨院では応急処置だ認められているので、その後の治療を行う場合は主治医の許可が必要となります。これは口頭でも構わないので、今後接骨院で後療を受けたい旨を伝えて主治医の先生からOKをもらえば大丈夫です。

また脱臼とは、関節を構成している関節面の相互の適合性が失われたもの、と定義されています。関節はボールとソケットの様なものと思っていただけるとイメージしやすいかと思いますが、そのソケットからボールが外れてしまった状態が脱臼です。
外れるときに骨折を合併している時もあるのでこちらもレントゲンでの検査が必要となり、接骨院では応急処置ができます。外れたままだと痛みが強いので肩の関節などは整復してから整形外科などに掛って頂くことが多いです。初めて脱臼した場合は関節包などの軟部組織を損傷しているのである程度の安静と、その後の可動域訓練、筋力訓練が必要になります。脱臼もその後の治療を行う際には主治医の許可が必要になりますので、病院が遠くて通えないなどという場合は最寄りの接骨院でリハビリを行うのもよろしいかと思います。
自分でリハビリを行うにしても、なかなかご本人だけではわからないと思います。お困りでしたら東大前接骨院にご相談ください。
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る