腰の痛み|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。ヘルニア、腰痛、狭窄症、変形

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

腰痛の原因は様々です。

お悩みの方がたくさんいらっしゃるであろう腰痛。原因は様々です。筋肉の疲労から来るもの、力仕事などであまりに長期間、骨に負担がかかっているもの、リウマチなどの病気や加齢による変形による痛み(変形性腰椎症)、先天性の骨格の問題で痛みが出やすい(腰椎が6個ある方など)、スポーツのやりすぎで小さな骨折が生じているもの等々。
物の本によると80%ははっきりした原因がわからないそうです。

転倒による圧迫骨折や、内臓からくる腰痛に関してはコルセットで固定の上専門医での治療を勧めています。

急なぎっくり腰では症状に合わせて最適な治療をしていきます。安静固定が基本になりますが、骨格矯正が有効な例もあります。

また足への痺れを訴える方も多いと思いますが、これも筋肉由来のものが多くあります。ぜひご相談ください。
○前屈動作で痛みが出る場合…
体を前に倒したときに痛みが出るときは、腰椎から来るもの、骨盤の前傾動作との関わり、股関節との関わりを考えないといけません。
腰椎からの痛みでは前屈動作で椎間板の前方に圧力が集中して椎間板が後ろに押されます。
そのため後縦靭帯が圧迫されて、脊髄を圧迫することがあります。また前屈という動きでは脊髄自体が延ばされることになり、神経症状が現れることもあります。椎骨への負担も増えるため骨粗鬆症があり、骨がもろくなっていたり圧迫骨折の既往がある方は痛みが出やすくなります。
また前屈動作では重心が前に移動するため体幹後方の筋肉に負荷がかかります。前屈で痛みが出る場合は、筋筋膜性の腰痛や、椎間板ヘルニア、椎間板前方部の損傷、脊椎の圧迫骨折などが考えられます。

○後屈で痛みが出る場合…
前屈と逆に後屈で痛みが出る場合は腰椎自体の問題の他、骨盤の後屈、股関節の伸展がうまく行えているかもチェックする必要があります。
脊椎を後屈する場合、椎間板の後方および椎間関節に負担がかかります。椎間関節が重なり、黄色靭帯にたわみが出ることで脊柱管を狭くして神経症状を引き起こします。脊髄の通り道が狭くなることで神経に血液が行かなくなり足に痛みが出たり、しびれが強くなったりします。若い方ではスポーツなどで後屈動作を繰り返すことで疲労骨折を起こしている場合もあります。発見が遅れてスポーツを継続したり安静を保てなかったりすると、分離症に発展してしまい、なかなか取れない腰痛になってしまいます。
後屈で痛みが出る場合は椎間関節の痛み、脊柱管狭窄症、椎間板後方部の損傷、脊椎分離症などが疑われます。

○体幹を側屈で痛みが出る場合…
側屈の場合、椎間孔という穴から神経が出ていますが、その椎間孔が狭くなる動きになります。神経の根元(神経根)が圧迫されているとしびれや痛みが強くなります。また椎間関節の負担が強まるので左右どちらの関節に問題があるかを予想するのに有用です。側屈で痛みが出る場合、椎間関節症、神経根外側ヘルニア、椎間板外側部の損傷、神経根の癒着などが考えられます。

○体幹を回旋(ねじったとき)に痛みが出る場合…
体幹をねじると椎間関節への負荷が多くなると考えられます。また関節を包む関節包という組織が延ばされるため、それを痛めていると症状が強くなります。ねじったときの痛みとしては椎間関節包の損傷、椎間関節症、神経根外側ヘルニアなどが考えられます。

腰の痛みは
危ない腰痛のサイン
足のしびれは
長く座っていると出る腰の痛み
産後の腰痛
脊椎の圧迫骨折
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る