肩、肘の痛み|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。五十肩、テニス肘、野球肘、トリガーポイントの治療

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

最初の治療が肝心です。

肩の障害や肘の障害は、日常生活の質に大きくかかわってくるところです。

よくご相談を受けるのは肩が上がらないとか、横や前に上げようとすると激痛が走るなどではないでしょうか?いわゆる四十肩、五十肩と言われる症状です。これは正式な病名というわけではなく、患者さんに説明するときにイメージしやすいように言っていることが多いです。動かなくなった肩を凍結肩(フローズンショルダー)と呼ぶこともあります。動かすべき時期と安静にする時期があるので見極めが大切です。
年齢的な変化や使い過ぎ、使わなさすぎでも肩は痛みが出ます。どれか一つが原因というわけではなく様々な要素が絡み合って出ていることが多く、原因を確定することがしばしば難しいことがあります。
またケガの中でも肩のケガは割合が多く、転倒したときに手をついて折れる、スポーツで肩から落ちて脱臼する、などこの仕事をしていると遭遇することがとても多い場所です。

肘は肩に比べると動きは単純ですが、スポーツでの障害や使い過ぎで出てくる症状が多い部分です。テニス肘の治り辛さは経験された方はよくわかるのではないでしょうか?野球肘、ゴルフ肘などスポーツと関連したケガが多い場所でもあります。

当院にいらっしゃる方で、肩の訴えで一番多いのはいわゆる五十肩ではないでしょうか?
長期にわたる固定で、関節を覆う関節包が固くなる、筋肉の柔軟性が低下している、などの原因で動きが悪くなる、痛みが出るケースが多いです。しかし、それ以外に肩甲骨の動きや背骨の柔軟性、首との関連もあることから、全体をよく見ることが大切です。
肩の奥にあるトリガーポイントが動きの制限をかけている場合があり、当院のポインター療法でトリガーポイントが消失して動きや痛みが改善した例もございます。

五十肩の痛みは

ちびっ子の肘の痛み
テニス肘と言われたら
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る