声|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。患者さんの口コミです

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

利用した患者様の声

○60代女性・・・家族の紹介で利用しました。仕事でも家庭でも立ち座りが多く、ある時荷物を持ち上げた時に腰に痛みが出て、しばらく消えませんでした。家族からの口コミでこちらを知り、予約をしませんでしたがタイミングよく見てもらえました。
いくつか動きを見たり、検査をしてここが原因で痛みが出ているのでしょうと説明をされ、施術を受けました。自宅で行うストレッチや、運動を教えてもらい再発を予防するような生活をするコツを伺いました。一度ではわからない部分もあるので定期的にお世話になる予定です。

○40代女性・・・子供が背中の痛みを訴えHPを見て来院しました。今は子供の肩こりや腰痛も増えているそうで、色々と生活習慣などを聞かれました。やったほうが良い運動としないほうが良い動きなどいくつか教えてもらいました。背中の痛みは一度の施術ですぐに取れましたが、やはり日ごろの姿勢や机の高さ等に気を付けたほうが痛みが出にくくなるとのことで、色々と調整してみるつもりです。

○20代男性・・・サッカーで肩から落ちて痛みが出ました。しばらく放っておいたのですが、中々痛みが取れないため診てもらいました。いわゆるよくある痛め方だそうで、超音波という機械をつかいました。あまりケガをしないほうだったこともあり、一度の施術でかなり改善しました。痛みが残ったらまた来てくださいと言われましたが結果的に1回で痛みはほぼ気にならなくなりました。

○80代男性・・・脊柱管狭窄症で足のしびれや痛みに悩んでいたところ、こちらの施術を受けてみました。背骨を広げることはできないが、筋肉からくる症状もあるため背中から足にかけて施術をしてもらいました。歩きやすさは改善し、痛みも少なくなり日常生活を過ごすのがとても楽になりました。固くなりやすい筋肉やそれをほぐすやり方も聞いたので、通いつつ、自分で行うことは継続してやっていくつもりです。

○30代男性・・・野球で盗塁をした時に、ふくらはぎがバン、となり動けなくなりました。こちらで応急処置をしてもらい、松葉杖を借りて病院に行きました。骨には異常がなく肉離れと言われました。病院が遠かったためリハビリを東大前接骨院でやりました。
それほど激しい痛め方ではなかったようですが、何しろ初めの数日が体重をかけられないくらい痛みが激しかったです。アイシングと超音波治療を数回行うとだんだんと症状が緩和して、早く杖を取ることが出来ました。ふくらはぎの張りがまだ残っているので継続して治療をする予定です。日曜日でもやっているので助かります。

○20代女性・・・ダンスで足首を捻り診てもらいました。昔から捻挫はよくやっていて、またかという感じでした。腫れは少ない状態でしたが、一度なってしまうとなかなか治らない状態が続いていましたが、こちらで適切な固定と治療をしてもらい驚くほど痛みが無くなりました。発表会が控えていたのですが、無事に踊ることが出来ました。サポーターも巻くときのコツがあるようでそのあたりも丁寧に教えてもらいました。癖になってしまう捻挫は普段からのトレーニングが大切とのことで自分で行う運動をいくつか習ったので、自分でも継続して続けていこうかと思います。
昔からケガが多いのでこれからもお世話になる予定です。

○60代女性・・・急に朝起きたら首が痛くて振り向いたり上を向く動きが出来なくなりました。次の日にこちらの接骨院に伺い検査を受けたところ、背中の方から症状が来ているのでは?とのことで施術を受けました。脊椎を動かしてもらう治療や肩、首の筋肉の張りを取ると、上を向く動きが楽になりました。熱を持っているわけではないのでそれほどひどい炎症が起きているわけではないとこのとでした。骨と骨の間の関節が固くなるとこういう症状が出るらしいです。
デスクワークで首周りに疲労をためるのも痛みを引き起こす原因の一つとのことで、ストレートネック気味の自分のためのセルフケアを教えてもらいました。タオルを使った運動など簡単なので、椅子に座って疲れたなと思ったときにやっています。
続けていますがたまに出た指のしびれなどにも良いかなと実感しています。

○10代男性
水泳の選手ですが、キックのときに出る足首の痛みに悩んでいました。もともと余計にある骨が運動のときに引っ張られて痛みが出る症状とのことでした。
痛みが強い場合は手術で取り除くことがあるということでしたが、何回かこちらで治療を続けてみましょうという話をされました。骨を引っ張っている筋肉が固いためストレスが骨にかかりやすいそうです。筋肉を良くほぐし、自分でも練習の前後にストレッチをするように努めました。足首は動きが固かったのですがよく手で関節を動かせるようにしてもらい可動域が広がったことで痛い部分へのストレスも減ったようです。数回の治療で痛みは半減しましたが、練習を多くやると症状がまだ残る状態です。
再発をしやすい部分らしく痛みが引くまではハードなキックはしないように努めたところ現在はほぼ症状が無くなりました。小さな記録会から初めて本格的に協議に復帰できるようにリハビリを続けていきたいと思います。
この接骨院は休みがないので電話をすると大体つながるのが助かります。

○30代男性
デスクワークでパソコンとにらめっこの日々を送っていましたが、吐き気やめまいが出るようになりました。内科を受診して脳外、耳鼻科なども受けましたが特に異常はないとのことでした。こちらで症状を相談したら、他の病院で異常がないのなら筋肉からくる症状かもしれませんねということで背中から首にかけて治療を受けました。
こちらのスタッフの方がいうには、首や肩の筋肉の緊張で頭痛や吐き気が出ることは多いらしく、長い症状が続いている場合は先に内科受診を勧めているとのことでした。そちらで悪いものがなければ筋肉からの症状である可能性が高く、自分の技がお役に立てるであろうということを言ってました。しっぷや肩こりに効くと言われたお薬なども試したのですが、こちらで治療を受けたほうがより効果が高かったようです。スポーツもたまにやるのでケガをした時にもこちらがあると安心だと思いました。

○20代男性
尾骨の痛み。ずっと椅子に座っている仕事で尾骨に負担がかかる座り方をしていたら痛みが出てきた。押すと強い痛みが出てくるので尾骨が当たらないようなドーナツ型のクッションを引いてその場をしのいでいたが症状が消えないので来院。骨盤の歪みと体幹の筋の緊張、尾骨の動きを調節したら症状が消えました。動き初めやいすからの立ち座りのときにあった違和感がすぐに消えてびっくりしました。ポインター療法という骨格矯正をしてもらいましたが一度で症状が消えて不思議な感覚でした。人によって効果は違うようですが、自分にとはとてもあっているようです。忙しい時期だったのでとても助かりました。

○20代女性
フットサルで足を捻り、治りきらないまま試合に出たらまた同じところを捻ってしまい、東大前接骨院に診てもらいことになりました。
腫れはそれほどひどくない状態でしたが、昔に捻った古傷の様なものがあるらしく、関節のゆるみが左右を比べると出ているとのことでした。
この緩み自体はそれほど激しいスポーツをやるのでなければ放っておいてもいいけど、負担がかかるスポーツをやると捻挫をしやすい足首になっていると言われました。最初にきちんと治すことがとても大切とのことです。なので、足首周りの筋力をつけてあげることや、バランス感覚を付けるリハビリ、セルフエクササイズなどを教えてもらいました。足首の痛みは超音波治療器というやつを受けたら一度でなくなりました。
関節の緩み自体は無くすことは難しいとのことでサポーターやテーピングを試合の前にしっかりと使うように言われました。身体の不調が出たらまたお世話になろうと思いました。

※効果は個人の感想です。
<東大前接骨院は文京区、南北線東大前駅から徒歩三分の好アクセスの接骨院です>
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る