外傷治療 東大前接骨院 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年11月10日 [外傷治療 東大前接骨院]
文京区にあります東大前接骨院です。骨の話その2ということで骨折をした際に骨がどのように治るのかをお話します。
まず、骨が折れたとします。骨が折れた部分から出血が起こり、色々な細胞がすぐに集まります。不要な細胞を食べる細胞や、骨のもとになる細胞などが集まり、新しい毛細血管を作ろうとすぐ動きがすぐに始まります。2,3日はズキズキするような期間が続き、炎症自体は1週間から10日くらい続きます。これは折れ方や折れた場所によりますので個人差があります。
その後炎症が落ち着くと、折れた骨と骨の隙間に糊のような組織が入り込み、少しずつ新しい組織のつながりができ始めていきますが、その組織はまだ柔らかい状態です。
この状態で時間が過ぎていくと、新しい組織がだんだんと固い組織に変わっていきます。この組織は盛り上がった状態で、カルシウムが付着していくとレントゲンでも確認することが出来ます。骨が折れると太くなると言われるのはこの状態をいうのですが、この盛り上がりは段々と無くなり、ケガをする前の太さや形に近くなっていきます。レントゲンに映る新しい骨は仮骨と呼ばれ、修復が進んでいることの目安になるので、定期的にレントゲンを確認して仮骨の成長を見て行きます。初めはもやっとしたものが、時間とともにはっきりと確認できるようになり、それとともに骨折部を触ったときの痛みが薄れていくのがわかります。
ギプスで固定した場合、数週間たってある程度骨がしっかりついてきたら、ギプスを半分に割り、当て物として使うこともあります。この状態であれば皮膚を拭いたりすることが出来るので患部を衛生的に保つことが出来ます。夏場は匂いで困ることもありますからね。
骨折の場所にもよりますが、大人の場合は小さな骨折でも4週、折れ方によっては3か月くらい修復に掛る場合があります。糖尿病などに掛っている場合、修復にさらに時間が必要になることもありますので注意が必要です。


2017年11月08日 [外傷治療 東大前接骨院]
お世話になります。文京区の東大前接骨院です。
今回は骨の話です。骨というとカルシウムでできていると思っている方も多いのですが、カルシウム以外にコラーゲンやたんぱく質が多く含まれています。カルシウムだけだともろくなり、身体を支えたり、外力から内臓組織を守ることが出来なくなります。骨はこうした役割以外にもカルシウムやリンを貯蔵する、血液を作るという機能があります。
骨を形成する細胞は大きく3つあり、骨芽細胞、骨細胞、破骨細胞と言います。骨芽細胞は骨のもとになる細胞です。骨芽細胞が骨細胞に変化して、時間が経つと破骨細胞の作用で骨細胞は吸収されていきます。そこに新しい骨芽細胞が乗っかり骨が新生するというスクラップアンドビルドが行われてます。道路工事のように、作って壊してを繰り返し骨を維持しています。年齢やホルモンバランスの関係などで骨芽細胞と破骨細胞のバランスが崩れてくると骨がもろくなったり折れやすくなったりします。骨粗しょう症もこうした現象の一つです。
骨の中には骨髄という組織があって造血細胞を含むものは赤色骨髄、脂肪組織に富むものは黄色骨髄と呼ばれます。骨折で骨が折れると骨髄の脂肪が血液中に流れ、脂肪塞栓を起こすことがあり骨盤骨折や下肢の大きな骨で骨折が起きた時は全身状態を確認することが大切です。膝の骨折で関節液を抜き取ると関節液に脂肪滴が含まれていることがあり、重症度を判断する一つになります。

2017年11月01日 [外傷治療 東大前接骨院]
お世話になっております。東大前接骨院です。
最近はぐっと気温が下がってきて冬の気配を感じることもあります。先日は12月の陽気だったようですね。
季節の変わり目は体調が変化しやすく、身体の不調を訴える方も増えてきます。これから忘年会や大掃除など、お仕事やプライベートでもご予定が多くなる方が増えてくるのではないでしょうか?
疲れがたまるとぎっくり腰の様な急に出てくる痛みが出現しやすくなります。おかしいなという日が何日か続いたら我慢しないで当院に相談してくださいね。
自律神経の乱れやすい季節でもあるので、首元を冷やさない、深呼吸を時間を見つけて行う、といったことをするだけでも症状が緩和するケースがあります。肩こりの方は肩だけではなく骨盤や首の症状から引き起こされるものもあるので、しつこい症状でお悩みでしたらすぐにご相談ください。
今年も残りわずかですが、体調不良を早めに解消して楽しく新年を過ごしましょう。

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る