東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2019年07月24日 [外傷治療 東大前接骨院]

肩関節の脱臼

肩関節の脱臼は脱臼の中でもよく見受けられるものの一つです。子供の頃から繰り返し脱臼をする人は、肩甲骨の受け皿の部分がすり減ってしまう方もいます。そうした場合は手術になるケースも多いのですが内視鏡での手術が多いのではないかと思います。以前に比べてキズが小さく、早めにリハビリに行けると事が良いですね。手術後はしばらく三角巾やストラップなどで肩を固定をしますが動かさないことで肩の関節が硬くなります。上にあげる、横にあげる、ズボンをあげる動作などがやり辛くなりますので、しっかりとリハビリを続けることが大切となります。接骨院でもこうした肩の動きを戻すリハビリを行うことができますので、どこでリハビリを受けたらいいかわからない人は一度ご相談くださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る