シンスプリント、過労性脛部痛または脛骨疲労性骨膜炎 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年05月29日 [治療の話]

シンスプリント、過労性脛部痛または脛骨疲労性骨膜炎

お世話になっております。東大前接骨院です。
今回はスポーツをやっているとよく遭遇する足の痛み、シンスプリントについてお話します。

野球、サッカーなど良く走るスポーツで、スネの内側に出てくる痛みはありませんか?
痛みの原因は諸説ありますが、ダッシュ、ジャンプを繰り返すと筋肉が付着している骨膜や骨間膜が引っ張られ、これが長期間続くと疼くような痛みを引き起こすと言われています。

基本的に使い過ぎで起こるものなので安静を保てば段々と良くなるのですが、練習を休めない、休みたくない人がよく発症します。

足回りの筋のストレッチ、マッサージなどで大体は軽快しますが、また運動をすると再発します。そういった意味で治りにくい病気の一つです。
血流不足で症状が悪化するので、血流改善の効果がある超音波による治療が効果的です。

インソールやフォームの改善も大切な要素の一つです。
もしお困りでしたら早めにご相談くださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る