産後に続く腰の痛み - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月23日 [治療の話]

産後に続く腰の痛み

お世話になります。東大前接骨院です。
産後の腰痛でお悩みの女性も多いかと思います。妊婦さんは出産の前後に産道を広げるために骨盤を緩くするホルモンが分泌されます。
出産が終わると、緩かった骨盤が元の硬さに戻っていくのですが、この時にいい形に整えないと腰痛が出やすい腰になってしまうそうです。産後の腰痛ベルトなどよく使われていると思います。
骨盤が柔らかい状態のときは体幹や骨盤底筋の軽めの筋トレ等を行い、外的な刺激はできるだけ避けるほうがいいと思うのですが、ある程度時間が経っても痛みが続く場合、あまり良くない状態で骨盤が固定されてしまった可能性もございます。
足の長さが見かけ上差があったり、ウエストラインが非対称だったりと、ご自分でも姿見などでチェックし見てみてはいかがでしょうか?
当院では産後の腰痛の場合、筋肉から来るものであればほぐしたり自宅で行うストレッチをご指導させていただいてます。
骨盤や骨格から来る痛みであればポインターによる骨格矯正を組み合わせての治療をしております。腰椎5番もしくは仙腸関節へのアプローチで症状が改善することが多いです。
数年間続く痛みでは、ある程度治療に時間がかかるケースもありますが、もしお悩みでしたら一度ご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る