長く座っていると腰に痛みが出る? - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月21日 [治療の話]

長く座っていると腰に痛みが出る?

お世話になっております。東大前接骨院です。
今回は腰痛のお話です。デスクワークなどで座りっぱなしで腰に痛みが出る方はいらっしゃいませんか?お悩みの方は多いのではないでしょうか。
腰の骨にかかる負担は、寝た状態<立った状態<座った状態<前かがみ(中腰)の順で大きくなると言われてまして、座りっぱなしよりも立っているほうが腰への負担は少ないんだそうです。立ち仕事の方はその分、足が疲れるということでしょう。長距離ドライバーの方で腰痛持ちの方が多いのもうなづけると思います。

こうした同じ姿勢を継続することで出てくる痛みですが、背中から腰の部分に疲労がたまる方と、腰の前についている筋肉(腸腰筋)に疲れが出ている方が多く見受けられます。
この腸腰筋は腰のカーブにも大きくかかわっている筋肉なので動き初めが痛い方、同じ姿勢で仕事をしている方などは大体この筋肉も固くなっていたり、疲労がたまっている方が多いです。奥についている筋肉なのでなかなか直接触ることはできませんが、ストレッチしたり腹筋の脇から押したりはできます。簡単なやり方もお教えしますので、こうした症状でお悩みでしたら一度ご連絡ください。腰を曲げて来院した方が、まっすぐに歩いて帰れたりしますので、症状によっては本当に驚くくらい効果があります。寒い時期は特に痛みが出やすくなります。あまり我慢せずに専門の治療を受けることをお勧めいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る