他院で治療を受けている方 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年08月26日 [外傷治療 東大前接骨院]

他院で治療を受けている方

今日は腰の痛みで病院で治療を受けている場合、接骨院で保険を使うことができますか?というお問い合わせをいただきました。

まず、接骨院ではケガに対しての治療になります。脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアといった病態は保険の適用にはなりません。このような場合は自費治療での治療をお勧めしております。

さらに整形外科、病院で診断や投薬を受けている(治療中)の場合、接骨院では保険を使った治療はできません。ただ他院で腰を治療していても、頸の痛みやひざの痛みであれば対応できます。

要するに同じ部分を2か所以上の施設で見ることはできない決まりがございます。

ただし、診察、診断を受けて違う施設で治療を行うことはできます。例えば、骨折の診断を受けたけど病院が遠方で頻繁には通えない場合、近くの接骨院などで後療(リハビリという言葉はつかえません)を受けることは問題ありません。

ほとんどの方はこういったことはご存じないと思うので、ご質問だけでもお気軽にどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る