後縦靭帯骨化症(OPLL)とは - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月16日 [治療の話]

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

お世話になっております。東大前接骨院です。
後縦靭帯骨化症(OPLL)という病気は聞いたことありますか?椎骨の脊髄神経の通るスペースに後縦靭帯という靭帯があるのですが、こいつが何らかの原因で固い骨のようになってしまう状態です。レントゲンで見るとカルシウムが付着していることがわかります。
初期症状は腕のしびれやだるさを訴え、進行すると腕の筋肉が低下したり、歩けなくなったりする病気で、難病指定されています。
症状の軽い方は違和感程度の場合もありますが、進行の度合いも個人差があり、歩行に障害が出たり痛みやしびれが強いと手術になるケースもあります。椎骨はたくさんありますので、どの骨の靭帯に骨化が起こるかで症状も変わります。首をそらせる姿勢で行う仕事や、力仕事は難しいケースもあり、場合によっては仕事を変えないといけない方もいらっしゃいます。
ただ、手術でも症状が取り切れるとは限らず、首に関しては可動域が制限されたり、振り返る動作ができなくなり車の運転が困難になる等、日常生活にも影響が出ます。
私の勤めていた整形外科でもこの病気の方は結構いらして、他の病院で手術をした後で、うちでリハビリ等のフォローをしていました。
病気の性質上、ぱっと良くなる類の症状ではなく、その人の年齢や仕事、生活を見ながらどういった機能訓練をするか考えながらリハビリをしていました。高血圧や喘息と同じように、うまく付き合っていくやり方を探すという感じでしょうか。

大体、首や背中の動きが制限されている方が多く、その周辺の筋肉はカチカチに凝っています。
当院では筋肉を緩める手技や固くなった関節に動きをつけてあげることで症状を緩和させています。ストレッチもなかなか自分ではできない方も多く、人の手でないとできないものもございます。もしこういった症状でお悩みでしたら一度ご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る