五十肩の痛みは - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月09日 [治療の話]

五十肩の痛みは

お世話になっております。東大前接骨院です。
五十肩ってご存知でしょうか?四十肩、五十肩、いろいろ呼び方はありますが正しい病名ではありません。細かい病名はまた違うのですが、病院のカルテには肩関節周囲炎などと診断されると思います。
肩の痛み、動きが悪くなる、あるときから突然腕が上がらない、などの症状が出ますね。
この五十肩は原因も様々で、使い過ぎでなるケース、使わないことでなるケースなど、その人の生活習慣と深くかかわっている病気の一つです。

力仕事などで使いすぎる方は、肩の骨にある結節間溝と言われる窪みに圧痛(押したときの痛み)が出ることが特徴です。とても強い痛みが出るのは石灰の沈着による痛みで、なぜ肩に沈着するのか、などはまだはっきりわかっていません。これはレントゲンを撮影することではっきりとわかりますが、石灰がまだ柔らかい場合、注射などで吸い取ったりする場合もあります。ザラザラとした砂みたいな石灰が取れるんですよ。
このようにに五十肩といっても原因によって症状は違います。

使い過ぎからくる症状や急に激痛が出て全く動かせない場合、昔ながらの三角巾などで固定することがおすすめです。こうした急性の症状は長く続くことはないので、痛みが減衰したところで筋トレや可動域訓練(動かす訓練)を開始します。

一方、運動不足など使わないことで出てくる痛みに関しては、筋力の低下や関節の可動性が落ちている方がほとんどです。肩の関節を覆っている関節包と言われる組織が固くなったり、筋肉の柔軟性が低下したり・・・。肩を動かすには首や背中、胸の筋肉もかかわっているため、肩だけでなく全身をチェックすることがとても大切です。
通常動かさなくて出る痛みは、関節を動かすことで改善していくことが多いのですが、炎症の具合を確認しないといけないために専門家の治療を受けつつ、自分で行うセルフケアを続けることが大切です。症状が出てすぐなら治療を受ければ早く治ることもありますが、痛くなってからの期間が空いてしまうと回復にも時間がかかります。

動かすべきか、安静にすべきか、ご自分では判断が難しいところだと思いますが、もしお困りでしたら当院に一度ご相談くださいね。きっとお力になれると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る