首から頭痛や目の疲れもでます。 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年12月28日 [治療の話]

首から頭痛や目の疲れもでます。

お世話になっております。東大前接骨院です。
頭痛や目の疲れから首や肩、背中にまで辛い症状が出る人も多いのではないでしょうか?
デスクワークなどでずーっと同じモニターを見つめ続けると、筋肉が緊張し、血行が悪くなり痛みやコリ感、張り感が強くなり、挙句の果てに頭痛や吐き気まで・・・。

ここまでひどくなる前に専門の治療を受けることをお勧めします。実際に頭痛の症状は首を緩めるだけでも大分改善することが多いですし、首と後頭骨の間にある筋肉をほぐすことで目がすっきりしますよ(もちろん、他の内科的な要因がない場合に限りますが・・・)。首の骨と骨の間から肩や腕に行く神経が出ているので、腕のだるさや痺れ感も首を治療することで改善します。また首には脳につながる重要な椎骨動脈も通っており、首はしばしば全身に関わる症状の原因ともなります。

一時間に5分くらいでもいいので首を軽く回したり横に倒す、前に倒すなどのストレッチを行うことが悪化を防ぐためには重要です。上を向くような動きはやりすぎると痺れや痛みが出る方もいますので、そういう場合は無理にやらないでください。
首のヘルニアなどで神経が圧迫されている場合も上を向く動きはしないほうが良いです。
首や肩こりに関する重要な筋肉に胸鎖乳突筋という筋肉がありますが、自律神経とも関係している筋肉と言われています。疲労感やだるさと言った自律神経の乱れから来る症状も、ここを治療することで改善した例もございます。

首の症状でも筋肉は背中や腰からつながっています。全身を診ることが大切になりますので、今の症状が悪化しそうで怖い、という方はぜひ当院へご相談ください。骨格矯正や筋膜を意識した治療をお試しくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る