腰の痛みは - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年12月24日 [治療の話]

腰の痛みは

お世話になっております。東大待接骨院です。
今の時期、腰痛でお悩みの方とっても多くなります。

ずっと座りっぱなしのドライバーの方。
デスクワークでパソコンのモニターから離れられない方。
小さいお子さんの抱っこや、物を持ったまま立ち座りが多い方。

寒さもあって特に辛いと感じる季節ですね。

そもそも腰痛って原因って何だろうと考えると、病院や接骨院に行っても実ははっきりしないことが多いです。
人間の身体はまだまだ分からないことだらけで、特に高齢の方は他科の病気をお持ちの方も多く、一度の診察ではわからないこともあります。
内科的な原因から腰の痛みが出たり、精神的な要素も多くかかわっています。

で、レントゲンでここが狭くなっていて圧迫されていますとか、脊柱管が狭くなっていて痛むんですよ、とか説明されることが多いと思います。
その通りのこともありますが、悪いと言われた部分と症状の出方が一致しない、なんてことも臨床上ではよくあることです。何回か治療をしてみて段々当たりをつけて原因を絞っていったりします。
温めたり、引っ張ったり、筋肉をほぐしてみたり、注射を打ったり・・・。一発で取れれば一番いいのは言うまでもありませんが、これがなかなか難しいのです。

で、よく遭遇する腰痛の一つに脊柱管狭窄症があります。有名な司会者さんが手術したことで有名な病気になりましたが・・・。腰の痛みと、足のしびれがよく出る病気です。
自分の勤めていた病院でもたくさんいらっしゃいました。
一般的には保存療法(手術をしない)である程度様子を見て、しびれや筋力低下が激しい状態であれば手術をするというパターンが多かったです。もう絶対に手術したほうがいいですよ、というのは膀胱や直腸のコントロールができなくなってきた人です。尿漏れなどがコントロールできなくなると日常生活にも大きな支障が出ますので・・・。

重症度は皆さんそれぞれ違うのですが、先生のキャリアによってもどの治療を勧めるかは変わってきます。やはり切るのが得意な先生と、できるだけ体にメスを入れたくないと思う先生。
これはどちらが正解で、間違いという話ではなく、方針の違いということです。

早く回復したいからすぐに手術してほしいという方もいれば、切られるのは怖いからできるだけ手術したくないという患者さんもいます。

身体は一つしかないので後戻りできません。手術をするメリットやデメリットもありますので、最後は患者さんとドクターの信頼関係になってくるのではないかと思います。
また、何をもって「治った」というかも難しい話で、患者さん側は、症状が全くなくなることを期待していると思います。
それに対して治療する側は、もちろん症状をゼロにするつもりで治療しますが、取り切れないことがあることも分かっています。10あった症状が5とか4になった。改善しているともとれるが、まだ治ってないじゃないかともいえる。
この辺りの認識の違いがトラブルになることもあるので、こちらもできる限りの説明はします。
信頼関係がきちんとできていればお互いに悲しい思いをしないで済みますので。

患者さん側からできることは、疑問に思ったことはどんどん聞いてください。疑って疑って、疑いつくしてから信じていただければと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る