痛みをずっと放っておくと - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年09月23日 [外傷治療 東大前接骨院]

痛みをずっと放っておくと

痛みを図って放っておくと、なかなか取れない痛みに変化してしまうそうです。

これは痛みを脳が記憶してしまうから。実際に損傷した部分が治っていたとしても、長い時間が過ぎると脳に痛みの記憶が刷り込まれてしまうことがあるそうです。

できるだけ痛みに対する処置は早いに越したことはありません。

当院は痛みをできるだけ早く取る治療をしたいと考えております。少ない治療時間と回数で速やかに社会復帰していただきたい、そんな気持ちで取り組んでおります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る