2017年09月 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年09月11日 [治療の話]
物を殴ったり、手を踏まれたりで手のひらの骨、中手骨を骨折することがあります。ずれのない折れ方であれば回復は早いのですが、ずれがあると指がねじれるため、グーパー動作が通常通りにできなくなる可能性もあり、注意深く見ないといけない部分ではあります。
ずれがあると整復という操作が必要ですが、折れ方がひどかったりするとオペの対象にもなります。骨自体は4から6週くらいでくっつくので指関節の拘縮をいかに出さずに、筋力、可動域を回復させるかが肝です。
手術しない保存療法では、固定はMP関節を動かさないようにしていることが多いのでMPが固くなっていることが多いですが、指のDIP、PIPといった関節も固くしてしまうことがあります。
患者さんにここは動かしてね、と言っても怖がってしまい動かさない人がたまにいます。
この辺りをよく理解してもらうことが大切ですが、こればかりは患者さんの性格や理解度も異なってくるのである程度は仕方ない部分もあるでしょう。
できるだけリハビリには毎日来てもらったほうが良いので、MPは固定したままDIP、PIPを動かします。回旋やすべり、転がり運動を加えながら動きを付けていきます。
手首や肘も吊っている場合は固くなっていることがあるので、できるだけ動かすように指示をします。前腕の筋緊張も取りながらMP以外の関節を動かすようにします。固定の4週くらいから骨癒合の様子を見ながらギプスを外したり、入浴時だけ外すようなスプリントに変えることがあります。
骨と骨の間に筋肉がありますが、それも委縮したりするので、自分でグーパー運動を入浴時にしてもらいます。固い関節は最初は痛みが出ますが、動かしていくうちに少しづつ痛みがへり、動く範囲が増していきます。動かした後に腫れが出た場合は少しやりすぎなのでアイシングをしましょう。
MP関節の回復は個人差がありますが、長い場合2,3か月くらいかかる方もいます。痛がって自分では動かさず、固まりきってから整形外科や接骨院に相談に来る人がいますが、早めにリハビリを開始したほうが絶対に予後はいいですよ。曲げ伸ばし動作がある程度回復したらゴムボールを握る
動作やおしぼりを握ったりをお家でもしてもらいます。不安定な折れ方をした場合は少し変形が残るケースがありますが、指の回旋以外ではそれほど日常生活に影響が出るケースはないと思います。回旋が残ると曲げた時に指が重なるオーバーラッピングフィンガーというのになってしまうので、非常に困ります。途中経過での確認がとても大切です。3週目まではなかったのに、4週目でオーバーラップが生じたこともあるので固定は十分に確認しましょう。
中手骨の頸部で折れたか、骨幹部で折れたか、骨折線の入り方などでも治療方針は変わっていくのでケガの仕方によってはオペ一択のことがありますが、いずれにせよ指のDIP、PIP関節のリハビリは避けては通れない部分ではあります。
日常生活の中で手を使えないということはかなりのハンデになりますので、放っておかずに専門家に相談しましょう。

2017年09月06日 [治療の話]
高齢者の腰痛でよくみられる病名です。年齢を重ねていくと骨の変形がどなたも起きていきますが、変形が進行することで痛みやしびれを引き起こすことがあります。変形自体を戻すことはできないので、根底にある生活習慣を治していくことを除痛と同時進行していくことが大切です。

変形は重たいものを変な姿勢で持ったりする機会が多いと進行しやすいです。椎間板や靭帯は加齢とともに水分が少なくなりしなやかさが失われていきます。一般的には朝方に重だるさがあって、少し作業をすると楽になる方が多いですね。
筋肉の硬さもありますので、当院ではストレッチや筋肉をほぐしたりしたあと、関節の硬い部分を探していき、それらを動きやすくしていきます。首、背中、腰、足まで人間の身体はつながっています。症状のある部分とは離れたところに原因が隠されていることもあり、全体をみることが大切です。
一般的には体幹の筋力低下、下肢筋力低下、可動域低下があるケースが多いので、日常生活動作がスムーズに行われるようになるまでをゴールとして、運動リズムの正常化やバランスや運動の再教育など、患者さんが気づいていない忘れている部分を認識しながら体を動かしてもらいます。
ベッドで行う運動やいすに座って行う運動、テーブルに座ってやる運動などその人の状態に合わせて運動を行います。
効果が出るまではそれなりに回数を行う必要がありますが、どれも簡単なものなので来たときに覚えてもらって来院できない時はお家でやってもらいます。簡単な例ですが、お腹をへっこめる運動はインナーマッスルを使う運動なので腰痛のある方は行ったほうが良い運動の一つです。横隔膜を動かすために深呼吸をすることも大切ですし、カラオケなんかで歌を歌うのも有効だと思います。
関節を動かすのは自分ではやりにくい運動ですので、スタッフが手を貸しながらやってもらいます。結果が出るまでは数か月くらいかかりますし、急に世界が変わるほどの効果が出るわけではありません。痛い時間が減ってきた、ベッドから起きるときに身体が軽い気がする、といったようなちょっとした変化が現れますが、継続することで日常生活が過ごしやすくなることが実感できると思います。
腰だけの治療ではなかなか効果を感じないと思っている方は是非一度お試しください。

2017年09月03日 [治療の話]
10歳、小学生の男の子が踵の痛みを訴えて来院。
運動はサッカーと野球をしているようです。痛みの程度は日によって違い、それほど気にならないときもあれば、通学も大変な時があるそうです。
セーバー病はかかとの軟骨部分が下腿の筋肉に引っ張られて炎症が起きる状態です。基本的には運動を休むと徐々に楽になるので安静が第一になります。
また踵へのストレスを無くすため、踵にインソールを入れたり、腓腹筋サポートのテーピングを張ったりします。下腿の筋肉を柔らかくすることも大切で柔軟性を上げるためにストレッチを普段から行うように指導します。また足底部分の筋肉も固いことがあり足全体をみてアライメントを整えることも大切です。痛みが強いく熱感があるときは痛い部分をあまり触らずアイシングで処置をします。痛みを我慢しながらスポーツを続けてしまう子が症状を悪化させる傾向があります。きちんと安静にしないと治らないことを伝えないといけません。
治療としてはハムストリング、下腿三頭筋のマッサージやストレッチ、炎症が強い部分にはアイシングや超音波治療器を使ったりします。低出力で行うことで炎症を緩和したり、痛みを軽減することが出来るので当院ではよく使用しています。
踵にクッションを入れるのも非常に有効で厚さ5oくらいのスポンジを2枚か3枚重ね、踵の大きさにきります。それをテーピングでひとまとめにして靴の底に入れるか、靴下の中に入れて歩いてもらいます。最初は違和感を感じることもありますが、おおむね痛みの減少を実感される人が多いです。治療の期間としては3回程度で症状が無くなる人も居ますが、隠れて練習をしてしまうと数か月かかる人も居ますのでとにかくきちんと休ませることが何よりも大切です。治療を受けたい方は文京区の接骨院、東大前接骨院にお問い合わせください。
南北線の東大前駅近くです。

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る