2017年03月 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年03月31日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
先日、指を痛めた患者さんがいらっしゃいました。突き指をして放っておいても痛みが取れないので診てほしいと。
骨折はなさそうで、靭帯を痛めたかと判断し、指を固定しました。固定というのは関節を動かさないようにテープや添え木などで動かさないようにすることです。
一般的にはスポンジと金属の板がくっついたような材料で指の長さやカーブに合わせた固定を作ります。見た目は重症に見えるので嫌がる方もいますが「動かさないようにする」という単純なことが、とっても効果的なことが多いのです。特に急性期のケガに関してはですが。
痛いとからといって動かさないようにしているつもりでも、固定しない限り関節は動いているということですね。
動かすことで痛みが出ますし、治りが遅くなります。固定することで腫れや痛みの消失が早まりますので、肉離れや関節に痛めた場合はとりあえず固定すると悪化が防げたりします。
当院では足首の捻挫や指の捻挫の場合はできるだけ毎日来てもらうようにしています。これは症状の変化が初期において特に盛んなためで、痛みが強くなったら固定をより強固にしないといけませんし、痛みが引いていたら必要以上の固定はかえって毒になります。その時その時の痛みに応じて固定は変えていきます。この辺の見極めが難しいところでもありますが。

先ほどの指の患者さんは来院時曲げ伸ばしができないくらい痛みが強かったのですが、固定したら2日ほどで痛みが消えました。超音波治療なども組み合わせたところ5日ほどで痛みが消え完治としました。
指でも痛め方によっては2か月くらいかかるものもありますし、オペが必要な突き指などもあります。決して素人判断はせずに専門家に相談してくださいね。
整形外科に勤めていた時は、指や足首、手首、肩、肘、膝、いろいろな場所の固定をしてきました。難しいなと思ったのが股関節の固定です。大きな関節であり筋力も強いため完全に固定するというのは大変だった記憶があります。股関節に痛みが強く出る方は大体松葉杖にして体重をかけないようにしていましたね・・・。とにかく、固定は大切ですよという話でした。


2017年03月23日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。

今回はもう一つ、かかとの痛みです。部活などでスポーツをよくやるお子さんで遭遇するのが「セーバー病」と呼ばれるかかとの痛みです。
小学校高学年から高校生生くらいの病気として良く知られてますが、かかとの後ろのほうにジーンとした痛みを訴えるケースが多いです。

身体にある骨の端っこは子供のころは軟骨部分がありまして、この軟骨部分が骨の長軸側の成長に関わってきます。軟骨部分が成長し普通の骨に段々と置き換わり長さが伸びていきます。軟骨部分がなくなると骨の長さの成長は停止します。

身長の伸び悩みで悩むお子さんもいますが、今よりも背が伸びるかどうかは、足の骨をレントゲンで調べてこの軟骨部分がどのくらい残っているかが一つの目安となります。

話を戻しますが、かかとの骨の後ろの部分にも、この軟骨でできている骨端線が存在します。ふくらはぎの筋肉はアキレス腱となってかかとの骨にくっついているため、スポーツなどでダッシュやジャンプなどをしすぎるとかかとの骨が引っ張られ、軟骨部分は他に比べて柔らかいためにこの部分に炎症が起きることがあります。走ったり飛んだりしなければ日常生活を送ることはできますが、スポーツを始めると痛みが出るというのが多いですね。

治療としては炎症がひどいときはアイシングや安静が第一です。ふくらはぎの筋肉にも疲労がたまっていたりストレッチが不足しているケースもあるので普段から良くストレッチを行うように指導したりします。つま先立ちをさせるような角度(尖足位)にしてあげると楽になるので、かかとにクッションを入れたりも症状が軽減します。
ただ、痛みが軽くなると治りきらないうちに再発するケースも多く、きちんと安静を保たせることが何よりも大切かと感じます。
骨端線が消えるのは、かかとの場合は高校生くらいで、その年齢を過ぎると痛みを感じることは少ないようです。

いずれにせよ、あまり我慢してしまうと慢性化して取り切れない痛みになることもありますので、お困りでしたら早めにご相談くださいね。

2017年03月15日 [外傷治療 東大前接骨院]
お世話になっております。東大前接骨院です。
かかとの痛みは色々と原因がありますが、たまにいらっしゃる三角骨の痛みについてです。
三角骨とはかかとの近くにある過剰骨(いらない骨)の一つで、持っている人、持ってない人がいます。持っていても症状が出なければ、それがあることに気づかずに一生を終える人も居るでしょう。

通常、足首を動かしすぎるとかかとの後ろ、アキレス腱の奥のほうに痛みを訴える方が多いです。ゴリゴリと音がして嫌な感じがする方もおります。
つま先立ちを多くする方に発症するようです。ダンスや水泳、ジャンプやダッシュが多い運動を続けるとだんだんと痛みが強くなります。

一般的には安静と足首周辺の筋をストレッチしたり、柔軟性をつけてあげることで症状は軽減、消失しますが、再発を繰り返す方は手術で取ったりする人も居ます。ただ職業としてスポーツを行うとかでなければ、手術をしたりというのはあまり聞きません。
ちょうど先日この症状の患者さんが見えましたが、超音波治療と、マッサージ、ストレッチでほとんど症状が消失しました。筋トレも大切なので足首周りのセルフで行う筋トレやストレッチを指導しておきました。長い期間痛みにお悩みだったようで、とても喜ばれました。

なかなか消えない痛みも、もしかしたら当院でお役に立てることもあるかもしれません。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。



お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る