2017年01月05日 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月05日 [治療の話]
膝に水が溜まって痛い・・・。なんて患者さんによく合います。そもそもこの水って何?という話からですが、関節の中に存在する関節液という液体です。関節が滑らかに動くように潤滑油の役割をするのと、関節内の軟骨に栄養を運ぶ役割があります。

この関節液がたくさん出てしまう状態が水がたまる状態です。で、なぜ水が溜まるのかというと大体は関節に負担がかかっていて、関節を守るために身体が水を出しているということです。つまり、歩きすぎたり、変形が進行して関節に負担がかかっている人に水が溜まる状態になることが多いです。

関節の負担が無くなれば余分な関節液は体が吸収するので引っ込みます。触るとお皿の骨が浮いている感じがするので左右を比べると溜まっている人は良く分かりますね。膝を捻ったりした場合も水が溜まりますが、これは関節内で出血しているケースもあります。関節液に出血があるということは骨折や靭帯の損傷が高確率であるので、重症度の判定という意味でも大切な指標になります。

関節の負担を減らすには、究極には筋肉をつけるというのが一番いいです。とりあえず痛みを抑えたい、という人はサポーターなどで固定することがおすすめですが、個人的に一番いいのではないかというのが弾性包帯(伸び縮みする包帯)で圧迫固定です。大体の方が効果を感じていただけますね。サポーターだと少し固定力が弱いかもしれません。スポーツタイプのサポーターであればしっかりしたものもありますが。
弾性包帯の場合、比較的自分でも巻きやすいのと、巻く強さを自分で加減できるのが大きいと思います。圧迫するとことで膝のむくみなども取れすっきりしますよ。

何回も何回も水を取っているという方もいますが、診察するドクターによってもあえて水を抜かない選択をする場合もあります。一時的には楽になっても生活習慣を変えないと水はまた溜まってしまうことが多いです。こんなトレーニングをすると水が溜まりにくくなるよ、というのもありますのでお悩みの方は是非一度ご相談くださいね。

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る