2017年01月 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年01月27日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
風邪をひいてたくさんくしゃみをした。そのあとで胸や背中に痛みが走るようになった。
こういう状態が続いていたらもしかして肋骨を骨折しているかもしれません。
実際にくしゃみやゴルフのスイングで肋骨を折る方はいらっしゃいます。
しかしながらレントゲンでもはっきりとわかる折れ方をする人はあまりおらず、症状から判断をするケースが多いです。

肋骨は周りを筋肉に支えられているために大きくずれてしまうことはあまりありません。ヒビが入ったような折れ方が多い印象です。
交通事故や階段からゴロゴロと転倒して体幹に大きな外力が加わった場合は大きくズレたり、折れた骨が肺などの内臓を損傷するため注意が必要です。腎臓などを傷つけていると血尿が出たりします。このため肋骨の損傷が疑われる患者さんには数日間かは血痰や血尿が無いか自分でチェックしてもらっています。

私はこれまで7本同時に折れた方を担当したことがあります。一般に3本以上同時に折れている場合、手術になることがありますが、その方は高齢だったこともあり、オペなしで治療していくことになりました。

さて自分でできるチェックとしては、深呼吸で痛みが出るかどうか、これが一番簡単かと思います。胸郭は絶えず動いています。これは人間が呼吸をし手酸素を取り込むためで、広がったり、縮んだりを繰り返しながら常に肋骨は動いています。大きく息を吸い胸郭を広げてあげることで、骨折があると損傷部が刺激され痛みを出します。その部分がピンポイントで痛ければ整形外科などの専門の機関で診察を受けるといいでしょう。肋骨が痛いと言って来院する方で良くいらっしゃるのが帯状疱疹での痛みです。本人は骨折と思ってくるのですが、痛みの出かたも異なりますし、見た目が違うのでお薬を出して帰って頂くことが多いです。

肋骨骨折の治療としては専用の伸縮性のあるベルトを巻いて過ごしてもらいます。どうしても痛みが無くなるまでに時間はかかるためにその時間をできるだけ痛みが出ないように過ごしてもらう、というためのベルトです(ズレが大きい場合はオペの対象になるのでしょうが、私はまだそういう方にお会いしたことがありません)。
先ほど書いたように、常に胸郭は動いているためできるだけこの動きを小さくしなければなりません。
このベルトを息を吐いた状態(胸郭が小さく縮んでいる状態)で胸に巻き、大きく胸郭が膨らむのを防ぐことで痛みを減少させます。実際につけると全く痛くないというわけにはいきませんが、だいぶ症状が楽になるという方がほとんどです。
昔はサラシを巻いていましたが、ベルトのほうがマジックテープで巻く力も調節も簡単なため、ほとんどこちらに置き換わっています。寝るとき以外はベルトをつけて過ごしてもらいます。大体4週間くらいで痛みが無くなる人が多いです。
その間は損傷した場所に電気を当てたり超音波を当てると症状が改善するので、可能な方にはリハビリを受けて頂いていました。痛みが落ち着いてきたらストレッチ等で固くなった筋肉を少しづつほぐしていきます。胸郭の動きを制限されるため首や腰に別の痛みが出る方もいます。

あまり重篤な後遺症が残るようなケガではありませんが、まれに肋間神経を傷つけたりするとピリピリ感が残ったりする人もいるようです。
このケガもやはり早期治療をしたほうが良いですので、もしお悩みでしたら一度ご相談くださいね。

2017年01月25日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
だるさ、めまい、なんとなく気分がすぐれない、などよくわからない症状でお医者さんにかかると、自律神経失調と言われお薬もらったなんて経験ありませんか?
自律神経って何かというと、人間が手を動かす、足を動かすなどと意識的に何かをコントロールするのではなく、無意識に自動的に体の色々な機能を調節する神経です。
交感神経と副交感神経というものがあり、この二つの神経がバランスを取りながら人は日々暮らしています。
交感神経が優位な状態とは仕事などで集中し緊張状態になっているときで、血圧や心拍数が上がったりします。複数のタスクをこなしつつバリバリと仕事をこなしているときは交感神経が優位になっています。
一方、副交感神経が優位な状態とは、美味しいご飯を食べて、ふうーっと落ち着いた状態のとき。お気に入りの音楽を聴きながら好きなお茶でも飲んでいる時です。リラックスした状態では副交感神経が優位になっています。

この緊張状態とリラックス状態の切り替えがうまくいかないものが自律神経失調と言われる病気です。めまいなどで耳鼻科を受診すると、この病名を頂くことも多いかなと思います。原因がわからないものも多いのですが、ストレスや職場、引っ越しなど環境の変化などで発症する方もいます。

規則正しい生活を送る(朝に太陽を浴びて、きちんと食事の時間を守り、暗くなったら寝る)ということを守るだけでも大分改善するのですが、昼夜逆転の生活や生活習慣の乱れ、過剰なストレスやホルモン分泌の乱れなどが続くとなかなか取れない症状になってしまいます。

こういった症状でお悩みの方は首回りの症状をお持ちの方も多く、首周辺の筋肉の緊張を取ることで症状が改善する方もいらっしゃいます。またポインター療法で頸椎のずれを取ることにより、硬膜の緊張や筋肉の緊張も緩和するので、こういった症状でお悩みでしたら是非一度ご相談ください。

2017年01月23日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。身体に痛みがあるときに温めたほうが良いのか、冷やしたほうが良いのか、意外にわからないという方も多いです。

現時点では慢性の痛みでは温めたほうが、ぶつけた時など急に出た痛みのときは冷やしたほうが良い、と言われています。ぶつけた時というのはその時の外力で毛細血管なども損傷しており、皮膚の下では出血が起き、ケガをした部分には腫れが生じます。その際に外から冷やすことで血管を収縮させて、それ以上の出血を抑える必要があります。血液が交通渋滞を起こしているイメージでいいかと思います。冷やすことで車の量を抑え、交通整理して車の流れをスムーズにするのです。腫れが続いたままでは治癒が遅れるため、速やかに冷やすことで治りを速めているわけです。

これと異なり、慢性で生じている痛みでは血流が少なくなっている状態が多くみられます。極端な例ですが、片方の手でもう片方の手の指をぐっと抑え、血の流れを少なくすると指に重だるさや痛み、しびれ、冷感などが出てきますよね?これに近い状態が慢性の痛みでは起きていると考えられます(もちろん全ての慢性の痛みがそうではありません)。なので重だるいような状態では温めてあげるだけでも症状が緩和したり、痛みが軽くなったりします。

一般的に肉離れや骨折など急に出る痛みで、実際に組織の損傷が明らかに強い場合で腫れが出ている、熱感(熱い感じ)が出ている、皮下出血が認められる場合は冷やす、ずっと続いている痛みでぶつけた、捻ったなどの心当たりがなく重だるい、触っていて冷たい感じがする場合は温めてあげるとよろしいかと思います。
怪我の場合はおよそ3日間くらい冷やすことが多いですが、これも個人差があり、派手な骨折をした方ですと、ズキズキする痛みが1週間くらい継続する方もいます。自分で判断がつかない場合はやはり専門家の判断を仰いでいただくといいのではないでしょうか。
当院でもこういったご質問は良くいただきます。わからないことがありましたらお気軽にご相談くださいね。


お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る