2016年12月 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年12月28日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
頭痛や目の疲れから首や肩、背中にまで辛い症状が出る人も多いのではないでしょうか?
デスクワークなどでずーっと同じモニターを見つめ続けると、筋肉が緊張し、血行が悪くなり痛みやコリ感、張り感が強くなり、挙句の果てに頭痛や吐き気まで・・・。

ここまでひどくなる前に専門の治療を受けることをお勧めします。実際に頭痛の症状は首を緩めるだけでも大分改善することが多いですし、首と後頭骨の間にある筋肉をほぐすことで目がすっきりしますよ(もちろん、他の内科的な要因がない場合に限りますが・・・)。首の骨と骨の間から肩や腕に行く神経が出ているので、腕のだるさや痺れ感も首を治療することで改善します。また首には脳につながる重要な椎骨動脈も通っており、首はしばしば全身に関わる症状の原因ともなります。

一時間に5分くらいでもいいので首を軽く回したり横に倒す、前に倒すなどのストレッチを行うことが悪化を防ぐためには重要です。上を向くような動きはやりすぎると痺れや痛みが出る方もいますので、そういう場合は無理にやらないでください。
首のヘルニアなどで神経が圧迫されている場合も上を向く動きはしないほうが良いです。
首や肩こりに関する重要な筋肉に胸鎖乳突筋という筋肉がありますが、自律神経とも関係している筋肉と言われています。疲労感やだるさと言った自律神経の乱れから来る症状も、ここを治療することで改善した例もございます。

首の症状でも筋肉は背中や腰からつながっています。全身を診ることが大切になりますので、今の症状が悪化しそうで怖い、という方はぜひ当院へご相談ください。骨格矯正や筋膜を意識した治療をお試しくださいね。

2016年12月27日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
ばね指って聞いたことありますか?
手のひらをグーパーする時に、特定の指だけ関節に引っかかったような感覚があったり、他方の手を使って曲げ伸ばさないと動かないような状態です。
最初は動きの硬さだけですが、そのうち痛みが強まっていき、ひどい方は力を入れるだけで痛みが出るような状態になります。
手のひらの指の付け根にポコッとしたふくらみがあったりしますね。

これは指の腱が肥厚、厚くなっている状態です。
指を動かすには、指の骨と筋肉をつなぐ腱が関係しています。腱は固く頑丈な組織です。さて、この腱は腱鞘(けんしょう)と言われるトンネルのような部分を通り抜けて指を曲げ伸ばしするのですが、使い過ぎなどで腱と腱鞘との間に摩擦が起きて腱が分厚くなってしまうと、動きに硬さや痛みが出てしまいます。
使い過ぎで発症する方が多いのですが、特別手を使わない人でも多く見られ、同じ仕事でもなる方、ならない方がいますので個人的な体質なども関係あるのかもしれません(潤滑液が少ない人など)。妊婦さんにも多く、女性ホルモンとの関係もあるかと教科書には載っていますね。

さて手を使わずに日常生活をするのは難しいため、なかなか治りにくい疾患の一つと感じています。腕のマッサージやストレッチで様子を見たり、サポーターで固定するのも有効です。ほとんどはこれだけでもかなり良くなりますが、何度も繰り返す人や重症化してしまうと手術を勧められることもあります。

自分の勤めていた病院では15分くらいのオペでしたが、手のひらを切開して腱鞘を1pくらいカットして終わりです。カクカクした動きが無くなりますし、腱鞘がオープンになることで腱との摩擦が起きないので再発がしにくい、というところがメリットかなと思ってます。ただし、傷口がくっつくまでは手を濡らしたりできないため、頻繁に手を洗わないといけないお仕事の人は難しいかもしれません。手袋などで防水できればいいのですが・・・。
勤め先のドクターはみんながオペをするわけではないのですが、オペをするドクターの曜日には、患者さんに了解を頂いたうえで我々も見学させていただきました。お昼休みの30分くらいでチャチャっととやってましたね。

個人的には再発を繰り返し、1年2年としつこい痛みに困っているのであれば手術をお勧めしたいところです。手術せずに改善する方も沢山いるので、まずはそちらで様子を見てからがほとんどだと思いますけどね。

指に症状が出るものですから手先だけの問題と思われがちですが、肩や肘の硬さがある方も多く、そちらから手や指に過剰なストレスがかかり発症というケースもあり、腕だけでなくそこからつながる体幹や足も総合的に見るのが再発予防には大切かと思っております。ご自分で予防するにはつかれたと感じる前に肘を伸ばし、指を伸ばした状態で手首をゆっくりと反らせましょう。
指を曲げ伸ばす筋肉は肘の近くにありますので固くなっているところを優しくマッサージするだけでも大分楽になると思います。当院にある超音波治療器なども効果的かと思います。

しつこい痛みでお困りでしたら一度ご相談くださいね。

2016年12月26日 [治療の話]
お世話になっております。東大前接骨院です。
当然ですが、接骨院では患者さんに問診を必ず行っています。
これにより自分の業務内で対応できるか専門医にお願いするかを判断するわけですが、これはまずいな、早めに病院で検査が必要だな、という痛みの代表的なものに「どんな姿勢でも痛みがする」というものです。
通常筋肉からの痛みであれば安静にしていれば痛みが出ないものです。
受傷直後の骨折や脱臼であれば安静時もズキズキした状態になることも多いのですが、何日も続くわけではありません。個人差もありますが、きちんと固定できていれば、せいぜい2、3日くらいでしょうか?

寝転んで安静にしても腰に出る痛みでは「内臓」からの痛みであることが多々あります。
個人的な経験では、女性で腎炎を患っていた患者さんがいました。とにかくずっと痛みが継続している方で、おかしいなと思い、内科、婦人科系か泌尿器の持病がないか、治療を受けているか聞きましたが特には治療していないとのこと。ただ痛みの様子から内臓からの痛みかもしれないので接骨院では何もせず、今日か明日にでも病院に行くようにお勧めしました。

結局その2週間後にまたいらっしゃったのですが、前回の夜に急に症状がひどくなり、救急へ運ばれたとこのと。診断は腎臓の炎症だったそうです。
あの時感じた、おかしいな、という違和感はこれだったのか・・・。何とも説明しがたいのですが、こういった直感を大切にしています。

また患者さんで腰痛を訴えてがんの治療中しているという方は、腰の痛みは癌の骨転移だった、というケースもありました。こういう場合はこちらでは手を出せませんので専門の病院に行っていただくようにしています。
まれにこのような方で末期症状なので痛みを軽くしてほしいと病院から紹介されたり、病院内に往診を頼まれたこともありますが、非常に珍しいケースだったと思います。もちろん保険ではなく自費治療ですが。

話がそれましたが、どんな姿勢になっても痛みが変わらない、という場合は内臓からの痛みを疑いましょう。
実際に命を取り留めた方もいらっしゃいます。
ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る