2016年10月08日 - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2016年10月08日 [外傷治療 東大前接骨院]
おはようございます。

どのようなケガでもそうですが、受傷してからの時間が長いと治療にも時間がかかることが多々あります。

捻ったけど2週間様子を見て痛みが変わらないので来た、なんてパターンです。

どんな怪我でもそうなんですが、固定が必要なものであればすぐに固定したほうが治りが早いです。

例えば靭帯が伸びていると痛みが出るわけです。
固定の意味は関節を靭帯に負担がかからない角度にして、靭帯が再びくっつきやすい体制を整えてあげているのです。

なので固定せずプラプラさせていると靭帯が受傷前より伸びた状態で治ってしまう。そうすると関節にゆるみが生じて痛みが出たり関節のケガをしやすくなったりするわけです。

なので、どんな病気もそうですが異常を感じたら早めに受診しましょうね。


お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る