若者の膝の痛み - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年10月11日 [治療の話]

若者の膝の痛み

お世話になります。東大前接骨院です。
膝の痛みというと高齢者のものばかりではありません。涼しくなってきたこの季節、運動を始める方も多いのではないでしょうか?
そうした中で普段はあまり動かないのに急にジョギングをしてしまい、膝に痛みを訴える、という方もいらっしゃいます。体重が増えたなどの理由がありますが、今まで使ってなかった筋肉を使うと関節への負担が大きくかかります。筋肉がしっかりと付いていればジョギングでかかる衝撃を筋肉が吸収してくれるのですが、筋力が少ない状態で急に走ったりすると関節への負担が大きくなります。
急に運動を始めると関節に水が溜まったり、熱を持ったりするので、アイシング、圧迫包帯などで安静を勧めます。ある程度腫れや痛みが引いたらベッドで行う筋力トレーニングを開始します。膝を伸ばしたまま股関節の屈曲(足を上げ下ろしする運動)、膝の間にボールを挟んでゆっくりと力を入れてつぶす運動などです。そして外で行う運動ですが、急性の症状がなくなり、筋トレも慣れたら先ずは歩く運動から始め、徐々に距離や速度を上げていきます。
初めは手ごたえがないくらいの距離で構いませんので、今まで眠っていた筋肉に刺激を少しづつ与えて起こしていきましょう。距離を伸ばすのは、何回か同じ距離を歩いてからにしたほうが良いでしょう。歩くときに腕を振ったり骨盤の回旋なども意識するともっといいかと思います。大事なのは続けられる環境を作っていくということなので、辛いと思ったら距離を短くするなどして続けていく工夫をしましょう。
初めは水泳がおすすめです。全身運動に加え膝への負担が少ないのがよいのですが、心臓に疾患がある場合は主治医と相談されたほうがよろしいでしょう。ある程度筋力がつけばスピードを上げて軽いジョギングに移行しましょう。こちらもまずはお家の周りから始め、おかしいなと思ったらすぐに中止して帰ることのできる距離を走りましょう。こちらが問題なくできるようになれば、少しづつ距離を伸ばしましょう。
道は長いですが、一度習慣にできればこちらのものです。トレーニングでお困りでしたら一度ご相談くださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る