治療例(オスグット シュラッター病、オスグッド シュラッテル) - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年08月31日 [治療の話]

治療例(オスグット シュラッター病、オスグッド シュラッテル)

オスグット、オスグッドなどと呼ばれる、脛骨粗面の痛みを訴える子ども特有の膝の痛みです。
脛骨はすねの骨で、モモの前面についている大腿四頭筋という大きな筋肉の停止している場所が脛骨粗面です。ダッシュやジャンプをする運動を繰り返し、沢山していると少年期ではまだ骨に軟骨部分が多いため、脛骨粗面の軟骨が引きはがされて痛みを生じる、というのがよく見られる病態です。軟骨の部分は成長とともに通常の骨の組織に置き換わっていくため、時間とともに痛みは感じなくなります。
痛みが出ている間はどうするかというと、基本的には安静、モモの筋肉をストレッチなどで柔らかく保つ、脛骨粗面への引っ張りを少なくするために膝にバンドを巻く、などです。
繰り返しの負担で出る痛みなので、パッと痛みを無くすことは難しいですし、何よりもセルフケアが必要です。ただ、これになるちびっ子たちは痛くても運動がやめられないケースが多く(レギュラーを外されてしまう、純粋に運動が楽しいなど)、そういった意味で難しい病態です。
ストレッチは本当に大切で、将来のことを考えて習慣にしてほしいところです。うつぶせに寝て、膝を曲げ、かかとがお尻に付くくらいまでは柔らかくなった方が望ましいです。
大腿四頭筋とともに大切なので腸腰筋という、腰椎や腸骨(骨盤)の前方からスタートして大腿骨に停止する筋肉です。こちらも固くなっている人がとても多いです。バスケのディフェンスなどで腰を落とす姿勢が多いと特に緊張しやすいと思います。これを伸ばしてあげると腰痛にも良いですし、膝の痛みも軽減しますので、一度お試しください。
当院では下肢筋の、腸腰筋のストレッチや筋トレ、脛骨粗面への超音波治療などを施術しております。一時的に症状が軽減するだけでは意味がないので、歩き方やセルフケアの指導なども行っています。こういった痛みでお悩みでしたら一度ご相談ください。

文京区、南北線東大前駅から3分。東大前接骨院です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る