治療例(手根管症候群) - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年08月29日 [治療の話]

治療例(手根管症候群)

40代女性で、指先にしびれを訴える患者さんが来院されました。絵をかいたり、パソコンでキーボードをたたくことが多いとのこと。
フィンケルシュタインテストという簡単なテストがあるのですが、手首を手のひら側に曲げ、手の甲同士をくっつけるテストがあります。
これは正中神経という神経を圧迫させる動きになるので手根管症候群の有無を見るためのテストとしてとても有名です。
手根管症候群の症状としては軽いものでは、人差し指、中指のしびれが出て、圧迫がひどくなると親指や薬指にもしびれや痛みが出てきます。
手首の骨の間に正中神経という神経が通っていますが、この通り道が何らかの原因で狭くなり圧迫を受けることでそのような症状が出現します。
程度も人によって違いますが、しびれがジーンと常にある方、特定の動きをすると症状が悪化する方、使いすぎた時だけ症状が出る方などいろいろです。圧迫の原因が靭帯の肥厚やガングリオンというできものができる、などがありガングリオンの場合はつぶすと症状が消えますが再発も多いので、何とも難しいところです。しびれがひどい場合は圧迫をしている靭帯を外科的に切除することで症状が改善します。
一般的にはいきなりオペになるというよりかは、手首周辺のマッサージやストレッチで柔軟性を確保したり、超音波治療器などで血行を促進させることで症状が改善します。血行が良くなり神経への血流が改善するとそのまま治癒する方もいらっしゃいます。ただ、手首を曲げる動きはやはり圧迫を強める動きになるので、パソコンなどで手を使う方はなるべく手首に負担をかけないような角度で使うことが大切になります。

当院でも手根管症候群の方はいますが、超音波治療器で6回ほど通院されて症状が改善されました。忙しく手を使ってしまうとやはり改善はしずらいので治療中はできるだけ手首の角度を気を付けるようにして過ごしてもらいました。暖かい季節になると全く症状が現れなくなったそうです。
いずれにせよ、早めの治療が大切です。当院に是非一度ご相談ください。

東京都文京区向丘1-2-12
東大前接骨院
03-5800-2323
南北線東大前駅から徒歩3分
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る