姿勢の悩みは重力があるから? - 東京都文京区の東大前接骨院のブログ|東大前接骨院

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院
2017年08月23日 [治療の話]

姿勢の悩みは重力があるから?

私たちは普段意識するしないにかかわらず、重力の影響を受けながら暮らしています。日常生活で動くには重力に逆らって立ったり歩いたり座ったりしなければいけません。
重力に逆らうための筋肉はたくさんありますが、姿勢によって働く筋肉は違います。自分が楽だなーと思う筋肉だけを使っていると特定の部分だけに負担がかかることになります。
身体の中心線を通る軸(アライメント)がきれいに通った姿勢は、重力の影響が少なく筋活動やエネルギー消費が少なくて済む状態です。
いすなどに座った状態を考えると、背中を丸める、背もたれに身体を預けるといった状態はより筋肉を使わない楽な姿勢と言えますが、アライメントが乱れた状態です。
こうした状態が長時間続き、習慣化すると関節や筋肉の運動障害や機能障害が現れる可能性があります。
循環器、呼吸器、内臓への影響も考えられます。脊柱の変形が進行してしまうと治らない猫背になってしまいます。予防のために適切な運動を行うことは非常に大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る