交通事故|東京都文京区の東大前接骨院です。肩こり、腰痛、むちうち、膝、肘、スポーツの痛み交通事故も。南北線東大前駅すぐ。交通事故のむちうち治療をするなら東大前駅近くの接骨院。自賠責も

東大前接骨院
文京区東大前地域密着の接骨院

接骨院でも交通事故の治療を受けられます。

病院、整形外科からの転院も可能です。自賠責保険では患者様の負担金は基本ありません(証明書類等は代金がかかります)。

交通事故でよく見られるものは、首のむちうち症状や腰痛、手足のしびれなどが多く見受けられます。レントゲンやMRI検査では異常がないと言われても、実際に症状が残っている・・・。
痛みをずっと我慢していると取れない痛みに変わってしまうこともあります。
リハビリを早期に開始することで、症状の改善も早まります。ご相談だけでも大歓迎です。

むちうち損傷(外傷性頸部症候群)って何?

交通事故にあったら

(1)状況確認 加害者を確定し、証人、証拠を集めるようにしましょう。加害者の免許証、住所、氏名、車のナンバーを確認。
事故現場の見取り図や写真も撮りましょう。
(2)警察へ届ける 怪我をしている場合、人身扱いでの届出が必要です。加害者から届けられますが、被害者からも届けておきましょう。事故直後は症状がなくても時間とともに痛みが出てくることが多々あります。届出の際、交通事故証明を申請します。これは保険金請求の際に必要です。
(3)専門医(整形外科が望ましい)の診察を受ける 最初の痛みの程度で判断してはいけません。最初は痛くなくても意外に重症で、治療に日数がかかるケースも多くあります。まずは医師の診断を受け、診断書を発行してもらい所轄の警察署に届けましょう。診断書がなければ人身扱いになりませんのでご注意を。また診断書があると自賠責保険の治療費請求ができます。
(4)自分の保険会社へ連絡 自分が加入している代理店や保険会社があれば、被害にあったことを連絡しましょう。
(5)相手側の保険会社から連絡があったら 担当者に掛った病院や接骨院をお伝えください。最初に、救急車で遠くの病院に運ばれたとしても、後日自分の通いやすい病院や接骨院で治療を受けることは可能です。
(6)その他 どこの病院、接骨院にかかるかは被害者が自由に選べます。保険会社によっては「そこはできません」と言われたりすることもあるようですが、被害者が自由に選べることになってます。
交通事故は裁判になるケースもあり、医師の診断書の有無も重要になります。接骨院での施術証明書は法的な力は低いため、まずは専門医で診断を受けることをお勧めています。
一方リハビリは整形外科よりも遅い時間まで受付しているところも多くありますので、ドクターと相談のうえで診察は整形外科、リハビリは接骨院というかたも沢山いらっしゃいます。

お問い合わせは
〒113-0023東京都文京区向丘1-2-12
コジマビル1階
東大前接骨院(南北線東大前駅から徒歩3分)
03-5800-2323
までご連絡ください。
お体の不調でお悩みの方は、是非ご相談ください。

このページの先頭に戻る